PAGE TOP

AO Dining Atelier

2016.January.09 Sat
エプロンのこと

昨年まで、エプロンの販売をして下さっていた京都にあるエトセトランクさんでのお取り扱いが昨年で終了しました。というのも、デザイナーであり、アクセサリーを作っておられる店主のマリコさんが、制作の方が忙しくなってきたとのこと。アクセサリーは、彫金と言うのでしょうか、銀などを材料に、ひとつひとつ形つくられていて、アクセサリー以外にも、ランプシェードも作っておられます。私は、オーダーメイドで作ってもらったドットが連なって円を描いた形のピアスと、展覧会で選んだ、ちいさな蝶のようなピアスを愛用しています。それらも店頭で販売されていましたが、きっとこれからも展覧会などで見ることができると思います。たくさん紹介してくださって、感謝です。お店はこれからもデザイン事務所兼、アトリエとして変わらずあります。これからの作品も楽しみです。そんな訳で、エプロンを実際に見てもらえる数少ないお店だったのですが、AO DINING ATELIERではかわらず紹介していますので、新年に新しい一着を、とお思いの方はぜひ。今は、グラススカイと、スキースノウという、細かいヘリンボンの柄?というか織りのダブルガーゼで薄いグレーのものがご用意できます。いちばん人気の、ローズマリーブルーも多分エトセトランクさんにお預けしていた分が少しあると思います。そうそう、わたしのお気に入りの、柔らかいコットンに細いラインのチェックのもあります。と、文章で書いてもさっぱりわからないと思うので、フェイスブックでまたご案内します。どういうわけか、こちらに写真がうまく投稿できなくなったので、それなら、この際、こちらは文章だけにしようと、今年は思っています。エプロンは、最近柄物に目がいくようになり、特に、花柄がいいなと思ったりするのですが、柄物と言うのはなかなかこれだ、というはまり柄のものとの出会いがなくて、一期一会です。私としては、シンプルな普通の服を着ていても、エプロンは女性らしさのあるものを着けているような、おばあちゃんに憧れていて、そんなふうな女性になりたいなと思っています。若い女の子は、それだけで花があるので、花柄を着ると、どうも子供っぽい感じになるような気がするのですが、どうでしょうか。そんな時は、あえて落ち着いた色のものの方がより生えるんじゃないかとおもったりします。さて、その境は、というのが難しいところですが・・・私はなんだか中途半端な位置にいるような気がしていて、好みが少しずつ変わるのも、そんなことが原因なのかもしれないなとおもったりもしています。でもだんぜん、かわいい服が似合うのは、おばあちゃんだと思うのです。
エプロン以外にも作りたいものはあるのですが、なんだかここ数年、動きに無駄が多いのか、容量が悪いのか、年齢のせいなのか・・一行に進みません。。そんなことで、長い間片付けられない病だったのですが、年末年始はめちゃくちゃ家を片付けて、ずいぶん身軽になりました。そして気がついたこと、物に執着がなくなったな〜としみじみ。今思うと、えらく偏っていたな、と思える好みですが、それだけ好きになれた自分でよかったと思えます。そしてこれからまた、どんな風に自分がなっていくのか、自分でもさっぱりわからないのですが、わかってることは、物よりも、時間を大事にしたいということかもしれません。選ぶ時間、出会うまでの時間、でき上がるまでの時間。その先に、形になったものがあって、だから自分の元にあるという事実。そして、そんなことがなんども繰り返されて巡って行くのだろうと思います。そんな暮らしをしたいな、なんて、ことをおもったりします。
さて、エプロンですが、これまで何枚のエプロンを作ったのか。。何枚も着ては汚れて、また新しくして。そんな風に、使われ終わりが来て、巡るものであればいいなと思います。よろしくおねがいします。

おまけ 。イケダユーコさんのイラストレーションのレシピ付きポストカードセットを作りました。8枚1200円のところを、1000円(税別)で。(送料別途)ご注文は、メールにてお願いします。